漫画アシスタントになろう

『漫画アシスタントになろう』ブログ企画紹介&ご支援のお願い

「漫画アシスタントになろうブログ_00」アイキャッチ画像

初めまして、こんにちは。みけちくわ(@mike_chikuwa)です。

日頃は「漫画アシスタント」をメインに仕事をしています。

私は単発のヘルプスタッフを3度経験したのち、2018年はご縁のあった3名の漫画家さんとお仕事をさせて頂きました。(2019年は5名様、2020年2月現在は4名様)

(具体的な実績をお知りになりたい方は「みけちくわのスキル①:漫画の背景制作」のページをご覧ください。)

漫画アシスタントのお仕事は今後も続けてまいりますが、
初年度の経験をうけて、こんなことを考えるようになりました。

「漫画アシスタントの人手を増やしたい!」 と。

 

漫画アシスタントの人手を増やしたい

「漫画アシスタントは人手不足」という話は前々から耳にしていましたが、実際に現場へ入ってみると本当にその通りでした。

ひよっこの私に対しても、複数の漫画家さんが声をかけてくださいますし、有名誌で連載するレベルの漫画家さんでも漫画アシスタントの手配に苦労なさっていて、募集をかけたからといって即決まるような状況ではありません。

twitterのタイムラインで、募集ツイートを漫画家さんご本人が何度もリツイートなさっているのを拝見するたびに、人手不足に対してもどかしい気持ちになります。

私が考える、漫画アシスタントの人手不足を解決する方法はひとつです。

「専業レベルの漫画アシスタントが増えること」

これしかありません。
(厳密にいうと、副業でアシスタントをしてくださる方も増やしたいです。)

 

「専業レベル」と条件を付ける理由は、

漫画アシスタントの多くは
漫画家志望者連載準備中などで手が空いている漫画家 で構成されている

連載が決まれば人手が抜ける

その都度新しい人手を探さなくてはならない

といった感じで、1人1人のマンパワーが制作進行の鍵であるからです。

専業で参加している漫画アシスタントがいた方が、不定期に辞められる心配がなくなって助かるのです。
漫画『バクマン。』でご存知の方もいらっしゃると思います。「プロアシスタント」です。

 

ただし、私は、人生のメインの仕事としてプロアシスタントを勧めたいわけではありません。

残念ながら、現状では、漫画アシスタント単独のマーケットで生活することは厳しい傾向にあります。技術職であるにもかかわらず、多くの商業漫画家さんは「1時間あたり1,000円程度のご予算」しか持ち合わせていらっしゃらないのが実情です。
(※例外はもちろんありますが、漫画業界もピラミッド式で、事例としては少ないです。)

「これから漫画アシスタントを始めてみようか」と思われている方は、
複数の現場や、他のお仕事と並行して働いていくことを、強くおすすめします。

私の場合は一般企業等へ就職できる機会に恵まれなかったので、漫画アシスタントメインでお仕事をさせて頂いておりますが、お休みの日や、日中、もしくは夜のみといった、空き時間だけ副業するという関わり方でも良いわけです。

これは私の戯言ではなく、実際に、一定のスキルを満たせば週に1日だけでも協力してほしいと望まれている漫画家さんが多くいらっしゃいます。


これまでに趣味などで漫画を描いた経験がある「企業人」や「主婦(主夫)」の方に、漫画アシスタントとして制作に参加していただければ、確実に助かる現場がある!ということです。

もちろん、「漫画は好きで、興味はあるけれど、私は絵が下手」という方にも、頑張っていただけるのであれば、私は上達するための情報提供を惜しみません。

「私が漫画アシスタントになった経緯」や「想い」や「仕事の魅力」をブログから伝えることによって、漫画アシスタントの仕事を始めてくれる人を増やせるのではないか?

・・・と考えた経緯から、『漫画アシスタントになろう』というブログ記事を書く活動を始めました。

『漫画アシスタントになろう』ブログ記事一覧

本当は、私のようなキャリアの短い者が「漫画アシスタントのなり方」の記事を書いていくのは大変おこがましいことなのですが、漫画の文化に貢献できることだと信じて、取り組んでいます。

これまでに執筆した記事は下記の通りです。

漫画アシスタントになろう(1)当ブログの想定読者

漫画アシスタントになろう(2)漫画アシスタントのお仕事で使う道具と、お仕事を得る方法、重宝されやすいスキル4種

漫画アシスタントになろう(3)漫画アシスタントの一日(みけちくわ編)、アシスタント料金設定の考え方(※あくまで一例)

漫画アシスタントになろう(4)漫画アシスタントに必要なマインド5つ

この他にも、下記のような内容を書いていきたいと考えています。(あくまで予定です)

  • 「背景の描き方」を学ぶためにオススメの方法
  • 「漫画アシスタント」にまつわるインタビュー(※実現できたらいいなぁ)

「漫画アシスタントについて、こんなことを知りたい」という疑問やリクエストがあれば、積極的に応えていきたいと思います。

『漫画アシスタントになろう』ブログ活動 ご支援のお願い

「漫画アシスタント」になろうブログ を進めていくうえでの、大切なお願いです。

ブログ記事の執筆には、想像以上に多くの時間と労力がかかり、それはボランティアの状態で行われています。私自身の社会貢献の気持ちだけでは、なかなか厳しいのが実情です。

そこで『漫画アシスタントになろう』ブログ企画への、経済面でのご支援をお願いします。必要なご支援の内容によって、窓口を用意いたしました。とくに嬉しいご支援は「★」です。

❶pixivFANBOX
(月額で支援)
ブログの執筆時間の確保に充てられます(★)
❷Amazonほしい物リスト (1)お菓子のさしいれ
(2)仕事用、勉強用の書籍 や ギフトカード や 物品の支援(★)

 ご支援の方法① pixivFANBOX

pixivFANBOX」とは

pixivFANBOXは、「クリエイターの創作活動を応援することができるファンコミュニティ」です。

ファンがクリエイターを定期的に支援することで、クリエイターが自由に創作活動を続けられたり、新しい作品づくりに挑戦したりできるようになります。

応援しているファンは、限定コンテンツや最新情報を通じてクリエイターとより密なコミュニケーションを楽しむことができます。

引用:「pixivFANBOX(ピクシブファンボックス)とは、どのようなサービスですか?

pixivFANBOXを利用するには「pixivアカウント」の作成が必要です(登録無料)。
他の方に「この人はこの人を支援している」という情報は見えないので、支援の情報を公にしたくない方にも安心してご利用いただけます。

詳細については「pixivFANBOX 支援者向けFAQ」、支援プランに関しては「みけちくわ pixivFANBOX クリエイターページ」をご覧ください。

ご支援を頂ければ、ブログの執筆活動にまつわる作業時間を増やせるので、ブログがどんどん充実していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援の方法② Amazonほしい物リスト

ダイレクトに「みけちくわが必要としているもの」を支援したい方に向いています。

「作業のお供になるお菓子」「書籍」「Amazonギフトカード」「ちょっと高くて保留中の商品」・・・いろいろあります。

ときどきサンタクロース様になってくださる方は、こちらからよろしくお願いいたします。

Amazonから書籍やギフトカードや物品を支援する

最後に・・・

『漫画アシスタントになろう』ブログを始める
最終的な決め手となった、お世話になっている漫画家さんの言葉をご紹介します。

私に時間がもっとあれば、
他にも描きたい漫画がたくさんあるんです。
でも、残りの人生を使っても、全ては描ききれない。
それがとても悔しいです。

漫画家さんは、漫画を描きたくて描きたくて仕方がない方々です。

漫画家さんが抱える「時間」の課題の多くは、専業や副業の漫画アシスタントが増えることで解決します。

その解決を、ブログの執筆を通して目指してみたいのです。

漫画の文化がお好きな方、漫画業界に携わっていらっしゃる方、応援のお気持ちが湧いた方、どうかあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

CM:「漫画アシスタント」について知るきっかけになる本(Amazon)

 

ABOUT ME
みけ ちくわ
10年夢中になった二次創作の経験を活かし ❶漫画アシスタント(毎月2〜4作品参加、2020年(2月現在)は4作家様から受注) ❷イラストレーター(ゴシックSF小説『DYRA』1〜6巻)として活動しています。 フリーランス3年目。 『mike-chikuwa.com』は、漫画やイラスト方面で在宅リモートとして働く日々からコツコツ身につけた知見をシェアしております。
「唯一無二の美しきイラストと、超強力 シナジーをもたらすアイディアの数々」

「DYRAキャラデザ解説note」アイキャッチ画像【有料note販売中】
ゴシックSF小説『DYRA』
キャラクターデザイン解説

内容

  • ゴシックSF小説『DYRA』総勢13名分のキャラクターデザイン解説(約12,500文字)
  • キャラクターデザインに共通する「大前提」(約450文字)
  • テキスト設定からビジュアルを構築する過程(約260文字)
  • デザイン中の思考とアイディア選択の方法(約340文字)
  • 二次創作の活動がキャラクターデザインに有利な理由(約250文字)発注側から提供して頂けたら嬉しい「資料のポイント」(約430文字)

おすすめポイント

☑ 総勢13名分のキャラクターデザイン解説
☑ キャラクターデザインの「過程」や「思考」が見れる
☑ 小説のイラストのお仕事に興味がある方にオススメ
☑ DYRAファンの方にもおすすめ